高齢出産は幾つから?リスクは?

最近は晩婚傾向になっているため、高齢出産が増えていると言われていますが、実際に高齢出産は幾つからなのでしょう。そして高齢出産において注意することはどのようなことなのでしょう。30歳を過ぎたカップルには是非知っておくべきでしょう。

高齢出産は何歳からか?

日本産婦人科学会の定義では35歳以降の出産の場合、高齢出産というふうに位置付けています。
確かに35歳を過ぎた頃から妊娠しにくくなり、また出産においてのさまざまなトラブルのリスクもたかまります。

そして1993年に高齢出産を30歳から35歳に変更されました。
これはそれまでより食生活も良くなり老化が遅くなっていることと、結婚する年齢が全体に遅くなっているということが背景にあると言われています。

高齢出産は妊娠自体しにくくなる

高齢出産は定義上は35歳とあるものの、特にはっきりとした線引きがあるわけではありません。
個人差もあり、30歳過ぎたら高齢出産の影響が出ると考えた方がいいようです。

そして年齢が高くなるにつれて、男性の場合は精子、女性の場合は卵子の質がずっと落ちていきます。

つまりDNAの書き換えなどにトラブルがあったり、いわゆる元気のない状態であったりと、さまざまな理由によって受精までできなくなっていくのです。
また受精しても女性の子宮環境が老化してくると着床することがなかなかできません。

そのためなかなか妊娠するチャンスが少なくなってしまうのです。

染色体異常の胎児による流産

また精子と卵子の老化によって染色体異常の胎児ができてしまうと、出産まで至らずに流産してしまうこともあります。
多くが流産すると言われていますが、やはりそのまま出産することになればダウン症という病気を背負ってしまいます。

染色体異常の場合は20%が男性、80%が女性由来と言われていますが、どちらにしても高齢出産は染色体異常による流産やダウン症児の出産が多くなるとのこと。
20代での出産では1000人に1人と言われていますが、30代では1000人に3人となり40代では1000人に10人ということになります。

これは相当高い確率に倍々で高まっていくことなのです。

高齢出産は早産、流産、難産のリスクも高まる

高齢出産の場合、卵子や精子の老化によって、さまざまな奇形や障害を持った胎児を妊娠することがあるため流産も起こりやすくなります。

また無事に成長していったとしても常位胎盤早期剥離が母胎の老化によって起こりやすくなるため、早産にもなりやすくなると言われています。
常位胎盤早期剥離はもちろん年齢だけの問題ではなく妊娠高血圧症候群や子宮筋腫などによっても起こりやすくなりますが、これらも女性が年を重ねるほど起こりやすい疾患なので、結果として高齢出産の方がリスクが高くなるのです。

そしてこれらの原因による出産時の死亡率は40代の出産は20代の出産の20倍とのこと。これはちょっとショックな数字ではないでしょうか。

しかしもともととても少ない数なので、20倍と言ってもそんなに怖がることはありません。
しかし高齢者リスクを高くしないためにも、過度なダイエットなどせずに栄養のバランスのとれた食生活、そして卵子や精子の老化を予防する葉酸の摂取を心掛けたり、妊娠してからの体重の増えすぎに注意するなどを注意しましょう。

SNSでもご購読できます。