高齢出産のメリットを考えてみよう

高齢出産はどうしても、あまり良くないマイナスイメージが強いようです。
確かに妊娠しにくくなったり、ダウン症のリスクが増えたりと数字だけ見ていると不安なことばかりです。
例えばダウン症でも20代出産と40代出産では10倍増えると言われています。

しかしもともととても少ない割合なので、10倍になってもそんなに不安になることはありません。
それより高齢出産のメリットの部分も知っておく事も大切ではないでしょうか。

精神的な余裕がある

やはり高齢になるとママ自体の精神状態が成熟しているため、妊娠・出産・子育てなどに対しても余をもって対応できるということがあります。

また若いママになると、子どもが子どもを育てるといった状況にもなりやすいと言われていますが、そういう意味でも30代以上のママは大人としての精神ができているので落ちついて妊娠・出産・子育てができるというメリットがあります。

経済的な余裕

比較的若いママの場合、夫も若いことが多くどうしても収入の面でもまだまだゆとりがありません。
そのため妊娠・出産・育児と生活はとてもきつくなることも考えられます。

しかしある程度高齢出産の場合は夫婦ともに働いていた場合は蓄えもあり、夫の収入も年齢とともに高くなっていることが多いため、子どもができても経済的な余裕があるのではないでしょうか。

出産で若くなる

また妊娠すると確かに高齢出産の方が、つわりが重かったりすることもあります。
しかし妊娠するとY女性ホルモンがたくさん分泌し、お肌もツルツルになり、ちょっとふっくらしてとても若くなるとも言われています。

そして出産すると今度は検診や公園デビューなど、ママたちとのお付合いも始まり、自分より若いママたちも多いため、気持ちも若返って自然と見た感じも若くなっていくと言われています。

また出産するとホルモンの分泌の変化のせいなのか、体調が良くなったという高齢出産のママたちも結構いるようです。
赤ちゃんが産まれママとなった責任なのか、とても強いエネルギーが湧き、今までより強くなったと感じているママたちもたくさんいます。
そんなことも若返りの秘密なのかも知れません。

そしてなにより赤ちゃんをしっかり育てるという強い目的ができるので、やっぱり気持ちは前向きに強く明るくなっていくのではないでしょうか。

妊娠を楽しめる

やはり高齢出産の場合、妊娠がやっとできた人など待ちに待った妊娠という場合が多く、辛いつわりの時期もある意味グッと我慢して、その状態を楽しむことができるようです。
そしてそれは出産後の大変な育児でも同じように、大変な中であっても楽しむという気持ちが持てる傾向があるとのこと。

高齢出産も悪くない

以上のように高齢出産ならではのメリットもいろいろあります。
ダウン症などの予防もできるだけのことをすることは重要ですが、あとはこのようなメリットを楽しみに、安心して妊娠・出産・育児を楽しむことが大切ではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。