高齢出産と育児について

高齢出産の場合、確かに体力は若い頃より落ちている可能性があります。
そのため無事出産は終えたものの、育児となると結構疲れてしまうということも多いとのこと。

しかし出産後の育児は体力より精神力と言われています。大丈夫、しっかり育児も乗り切れるはずです。

周囲の協力も

高齢出産は確かに出産で体力を使い切り、その上すぐに大変な育児が始ります。体力の回復だって若いうちとは違うはず。
それに睡眠時間も若いときは対して取らなくても頑張れたことも、しっかり睡眠時間を取らないと疲れが抜けないということもあります。

でも赤ちゃんは夜もろくに寝かしてくれません。
そのため高齢出産のママは、若いママより疲れがたまるのも当然です。
そこでできるだけ夫や親などの協力をできるだけ要請するようにしましょう。

そして少しでも睡眠を取るようにし、体を休ませる時間を確保するようにしていくことが大切です。
それによって体力回復だけでなく精神的な面でも回復すると、より頑張れるようになるでしょう。

高齢出産は母乳が出ないのか

高齢出産のママは母乳が出にくいと統計でも出ています。
これは数字上のことで、実は母乳育児をしないと答えたママの中には、仕事に復帰したからという場合も多いのです。

特に高齢出産の年齢になると仕事でもなかなか長期間休めない役職にいる場合も多く、仕事復帰がとても早いと言われています。
そのためどうしても母乳育児ができなくなる人が多いのです。

つまり母乳が出にくいとばかりはいちがいには言えないのです。
母乳の出る・出ないということは個人差もあります。
高齢出産とあまり結びつける必要はないのでは?

体力より忍耐力

確かに育児には体力も必要ですが、やはり忍耐力がとても重要です。忍耐力はある意味精神的なメンタルが必要になることなのです。
そのため夫の優しい一言や、思いやりのある行動などがママの精神的なメンタルに大きな影響を与えます。
それによって忍耐力がまったく違ってくるという現実があるのです。

この精神的な部分が落ちてしまうと、育児ノイローゼや育児鬱などにもなっていくことにもなります。
そのため高齢出産だからというより、誰でも育児を頑張るママには精神的なメンタルがとても重要だということなのです。

やはり夫が重要な鍵を握っているとも言えるのではないでしょうか。

妊娠、出産、育児は夫の協力なしにはとても辛いものがあるということになります。
もちろん育児を手伝うなどの協力も欲しいところですが、実は精神的なメンタルでもっと活躍して欲しいのです。

SNSでもご購読できます。