高齢出産はなぜ難産になるか考えてみる

高齢出産は妊娠自体も若い頃より難しくなりますが、いざ妊娠して流産もせずにやっと出産を迎えても、今度は難産の可能性が高くなると言われているため、不安は尽きないのではないでしょうか。
そこで高齢出産について考えてみましょう。

高齢出産はなぜ難産か

年齢は高くなるにつれて産道に柔軟性がなくなっていきます。
また骨盤も開きがスムーズでなくなってくることも。それらの理由によって出血が多いこともあり、そんな輸血をすることも増えてきます。

しかしこれは妊娠中の体重管理にも大きく関係しているのです。
また毎日お産のための運動なども効果があり、若い人でも産道が硬かったり骨盤が開きにくい人もいます。
そのため高齢出産だからと諦めずに、毎日の骨盤運動などを行うといいでしょう。

産道や骨盤が自然分娩に向かないなら

しかし医師が確認して産道が硬い、骨盤の開きが悪い、体力がないなどによって自然出産が難しいと考えた場合は帝王切開や吸引分娩を行うことも。
この辺は出産ギリギリになって陣痛が長引いたときにも医師が判断することもあれば、出産中にチェンジすることもあります。
そのため自宅出産の場合は帝王切開の可能性のある人は行わないことがほとんどです。

帝王切開について

出産のトラブルのリスクを下げるために行うものですが、高齢出産の場合は最初から帝王切開と決めておくことも多いようです。
母子の命を優先して考えた結果の出産方法です。お腹を回復して直接赤ちゃんを取り出すことになります。
帝王切開では、本来の出産の気持ちが湧かないのではと言う人もいますが、全身麻酔で知らないうちに生まれてしまうということもなく、部分麻酔なので赤ちゃんの産声も聞こえるし、見ることもできるのです。

吸引分娩について

帝王切開と同じように高齢出産の場合に多く行う方法です。特に最初から決めるというものではなく、子宮口が開いてからなかなか胎児が降りて来ないというときに行う方法です。
回旋異常などによって早急に取り出す必要があるときに、金属やシリコン製の吸引器具を胎児の頭に付けて引っ張ります。

ただし母胎の方にも会陰裂傷や頸管破裂のリスクがあり、胎児の頭にも血腫ができることもありますが、どちらもいずれ回復するもので、赤ちゃんの脳への影響はないとのこと。

高齢出産は体力が必要か

高齢出産の場合は体力が足らなくなるのではないかと言われますが、実は体力と言っても持久力の方が重要になるので、妊娠中にも無理のない運動をしておくといいでしょう。
例えばウオーキングなどが適しています。1年間妊娠中に寝たり起きたりしていた人は体力が落ちるため、特に持久力がなくなります。
それによって妊娠が大変苦痛になってしまうことも。そしてこれは高齢出産に限らず注意すべきことでしょう。

SNSでもご購読できます。