高齢出産の妊娠中の注意点について

高齢出産の人が妊娠中に注意することは、もちろんどんな妊婦にも言えることですが特に注意すべきこともあるようです。あとであのとき注意しておけばと思うより、妊娠前から注意点を知って起きましょう。

高齢妊娠のリスク

高齢妊娠の場合、どのようなリスクがあるか知っておくと、それなりの注意ができるはずです。

まず高齢出産では流産や早産が起こるリスクが高まります。
若い頃の妊娠では流産は13%程度となっていますが、35歳異常の妊婦になると20%程度に跳ね上がります。

ただしこれは数字上のことで、実際の人数となるとそんなに多いことではないので、あまりそのことに拘る必要はありません。
このようにリスクが上がるから注意だけはしましょうということなのです。

そのため妊娠高血圧症候群や糖尿病が発症しやすいとも言われているので、より食事や運動は注意しなければなりません。
また定期検診を欠かさないようにして、体重の増えすぎには注意しましょう。

かといって無理な運動や仕事をすることで流産を招きやすいので、その辺のコントロールに気を使うことも大切です。

食生活を考える

妊娠中はとにかく赤ちゃんに栄養が優先して流れていくので、いつもより栄養のあるものを多めに摂取することが重要です。
そうでないとお母さんの体力に影響を及ぼし貧血になったり、流産や早産の原因になることもあります。

ただしカロリーの摂りすぎは妊娠高血圧症候群になる恐れがあるので、注意しなければなりません。

特に糖質をあまり摂りすぎないようにしましょう。
ある程度お腹が空いたときには赤ちゃんからの要求でもあるので摂取することは必要ですが、その辺のコントロールは体重の増加範囲を目安にするといいのではないでしょうか。

そして1日3食きちんと食べることが理想です。

ただし、つわりの強いときには食べられるものがとても少なくなる場合もあり、そのときには食べられるものを少しでも食べるようにしましょう。
つわりが終ってから急激に食欲が出てきますが、そのときに体重をバロメーターにして増加し過ぎには注意するように。
体重は増えなければ逆に問題ですが、1日に500g以上増えていく状態になったら医師に相談しましょう。

話題の葉酸の摂取も忘れずに

最近話題になっている栄養素「葉酸」ですが、高齢であればなおさら摂取をおすすめします。
特に高齢妊娠は若い世代の妊娠に比べてダウン症などの先天性異常のリスクがぐんと高まってしまいます。

葉酸にはそれらの発症率を低減させる効果があるため、高齢の方こそ是非摂取しましょう。
できるだけ妊娠初期、もっと言えば妊活中からの摂取が望ましいです。

葉酸はなかなか食事から摂取できない栄養素のため、葉酸サプリメントなどを上手く利用して摂取していきましょう。
いろいろなメーカーから販売されていますので、葉酸サプリの比較サイトなどを見て選びましょう。
葉酸サプリマガジンという比較サイトなどがおすすめです。

妊娠中の運動

妊娠中は安静にというイメージを持っている人もいるかも知れませんが、それはちょっと違うようです。
妊娠中は無理のないように体を動かすことが大切です。

重いものを持ったりしないように、普通に家事をしたり、散歩を増やすようにしたり妊婦専用水泳や妊婦専用ヨガなどもいいのではないでしょうか。
体を動かさないことは逆に妊娠高血圧症候群にもなりやすくなります。

ある程度運動をしてきちんと食事を摂ると母胎も赤ちゃんも元気に出産に向うことができるのです。

SNSでもご購読できます。